法人税の中間申告制度の改正

税務の事なら→06-6976-6121

 

 (旧)原田会計事務所

次の場合には、仮決算による中間申告書を提出できないこととなりました。
  ●「前事業年度の確定法人税額 × 6/12」の金額が10万円以下である場合
    又はその金額がない場合
  ●仮決算による中間申告書を記載すべき法人税額が
    「前事業年度の確定法人税額×6/12」を超える場合

 *前事業年度が12ヶ月に満たない場合は
 「前事業年度の確定法人税額 ÷ 前事業年度の月数 × 6」

(平成23年4月1日以後に開始する事業年度から適用されます。)


税制改正特集へ戻る   HOME

税理士先生の顧問料を見直してみませんか?? ⇒ 相談なら:06-6976-6121

プロフィール

代表税理士 

原田 徹

 

お気軽にご相談ください

お問い合わせ先:
06-6976-6121(代)
Flips(フリップス)~初心者でも使えるホームページ作成ツール。無料お試し付き。
Powered by Flips
編 集